--- about ---

学びの記事

クレームをする時のマナー

" 新しい商品を購入し、家で開ける瞬間のドキドキ感というのは、何度経験してもいいものです。商品を購入するというのは、必要に迫られてという場合もありますが、興味を持って購入した場合は余計に、この楽しさが増すものです。
 そんな商品を開けてみて、実際に動かしてみると思ったように動かないということは、極めて稀にあるものです。また、中にあるべきパーツがなかったりするということもあります。
 そんな時には、メーカーにクレームを入れるという方も多いでしょう。消費者にとって、クレームというのはメーカーに意思を伝えるための手段のひとつです。
 ただし、クレームを入れる時には負の感情が強くなっているため、普段のように冷静な対応ができなかったり、語気が強くなってしまうということもあるでしょう。
 たとえ相手に非があったとしても、そういった感情に任せて、メーカーや商品のことを悪くいうというのは、社会人ならば慎みたいところです。
 もしクレームを入れるのならば、あくまでも常識の範囲内で、できるだけ穏便にあるべき状態に近付けることを心がけることを忘れてはいけません。"


配達ミスで結婚式場で土下座

News