--- about ---

学びの記事

上手に部下を伸ばす雰囲気作りが大切

"最初は新人だった人も勤め出して数年後には後輩や部下を持つ立場になっているでしょう。
先輩社員として、上司として、部下に仕事を教えたり振ったりすることは大切なことです。
部下に仕事を与えて安心して任せられるようになれば上司も楽になるのです。

仕事を覚えたてで頼りない部下でも、仕事を任せるうちに少しずつ責任感が出てきます。
失敗をしないと覚えられないことも多いので、
上司やまわりの先輩がフォローをしつつ部下を見守り育てたいですね。

ときには若い新人の態度に呆れたり、自分より年上の部下を持ち戸惑うこともあると思います。
若い新人には基本的な挨拶から仕込むつもりで接するようにしたいですし、
自分より年上の部下にも変な気を使わずに堂々とした態度で接することが大切です。

たまには仕事以外で交流の時間を持ちコミュニケーションを取ることも良いですね。
休憩時間にコーヒーを飲みながら雑談するだけでも緊張した部下の心はほぐれるものです。
円滑に仕事を進めるためにも、上手に部下を伸ばせる雰囲気作りが望まれます。"


クレームをする時のマナー

News