--- about ---

学びの記事

「余計なこと」という認識に驚き

"私は以前勤めていた会社で、大学新卒で入ってきたある男性新入社員に仕事を指導することになりました。私は「立派な部下に育て上げよう」と内心かなり燃えていました。その男性社員はそれほど仕事の理解や行動が早いわけではなかったのですが着実に一歩一歩進むといったタイプでした。しかし元々の性格が素直だったので非常に教えやすく「これでもう少し仕事量がこなせるようになれば完璧だな」と思っていました。
しかしある日休憩時間にその男性社員と話をしていたら「仕事で一番大事なことは上からの指示を完璧にこなすことですよね」と言ってきたので「私はまあそれもそうだけど、指示された以外のことでも機転を利かせてやるっていう発想も大事よ」と言うと「え?なんでそんな余計なことしなくちゃいけないんですか?」と真顔で聞いてきました。私はこの一言で私が彼に「もう少し仕事量をこなせたらなあ」と物足りなさを感じていた理由がわかったような気がしました。"


上手に部下を伸ばす雰囲気作りが大切

News