--- about ---

学びの記事

ゲーム業界を目指していた私

"小学校の頃から将来の夢は何ですか?という問いの回答欄には、
「ゲームプログラマー」と書いていたのを思い出しました。
たぶんその当時、ゲームプログラマーの仕事内容はわかっていません。

自分はゲーム業界に入りたかったのだなと後でわかりました。
ゲーム業界といっても、プログラミングがやりたいわけでもなく、
ゲームをプロデュースしたかったわけでもありませんでした。

気づけば絵を描く事が好きだった私…。
美術系コースの高校、専門学校に進むにつれて、「あれ、自分は何がやりたいのだろう?」とかなりフワフワしていたのを覚えています。

専門学校に在籍中、新卒の募集の求人の時に、
大好きだったゲーム会社がありました。大手で超有名なので、競争率、レベルともに高かったですが、挑戦しました。
ゲーム会社に入れたら…と凄い夢をふくらましていました。
結果は残念に終わりました…。
それでも、物創りの楽しさを知ってしまった私は、
いつの間にかクリエイターとして生きて行きたいのだなと気づきました。

その後、学校からの求人ではなく、自分で探した会社に入社しましたが、
夢は叶わなかったとは思っていませんでした。
ゲーム関係ではありませんが、その会社にはデザイナーとして雇って頂けましたので、自分はクリエイターの道は歩めている、だからどこでも経験を積む事ができると思っていろんな事をやっていたと思います。

今の自分も、クリエイターの道を歩んでいる途中ですが、
もしまだ心のどこかでゲーム会社に入ってやりたい事があると思うならば、
必死に頑張ってまた挑戦すれば良いと思いました。"


ガテン系の資格について

News